読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味がない。

雑談。

カレンダーとシールで三日坊主を卒業

小さい頃からコツコツ物事を続けるのが苦手だった。テスト勉強は一週間ないし三日前くらいから、ガーッと詰め込んで、テスト後キレイさっぱり忘れる、短期記憶依存型の学生だった。
大人になっても、性格が変わることはなく、時間が捻出できないという言い訳が増えたぶん、新しいことが長く続いたためしがない。
30半ばを過ぎて、酒や焼肉の許容量は減るくせに、脇腹から背中の贅肉はその勢力を徐々に拡大しつつある。そうだ、運動しよう。

ランニング怖い

学生の頃はバスケ部だったため、運動そのものには抵抗がない。ただ何年か前に今回同様思いたって、一気に走りまくった結果、足の裏が死ぬほど痛い状態になって走らなくなったトラウマがある。

カレンダー、シール作戦

うちの子供が100円ショップのシールを、嬉々としてあちこちに貼ってるのを見て、走った日にシール貼ったら達成感あるかなと思い、やってみた。
f:id:peterpansyndrome:20170201075201j:image
これがなかなか楽しく、1月は計13回60キロ弱を走ることに成功した。(24-29は旅行などでお休みしてた)カレンダーにシールを貼ると、次にいつ走ろうかという気持ちになる。距離と時間の計測のため携帯にRuntasticというアプリを入れてるが、物理的に目に触れるものが進捗として分かる強さがカレンダーとシールにはある。シールが可愛すぎるのはほっておいてほしい。

蛇足

その他気をつけたこと。
  • 朝起きてすぐ走れるように、ジャージ、靴下、ライトなどを床に広げておく(セルに吸収されたあとみたいな状態)
  • ランニングは初心者の身体を痛めつけてると思い、1日おきに走ることにした
なお、調子にのって今朝少し長め速めに走ったら、少し足の裏が痛くなった。2月以降も続くのか、自分に乞うご期待。