読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味がない。

雑談。

満員電車でクックパッド株主とユーザの対話

「‥それでブックマークがいっぱいでね。そうなのよ。でもクックパッドのレシピばかりで‥」
朝の満員電車で、老婦人が友人との会話にひと段落つけたところだった。

ちょっとよろしいでしょうかクックパッドを使ってるとお話ししていたようですが、使い勝手はどうですか」
知り合いではなさそうな少し高齢の男性が声をかけた。
「実はクックパッドの株主なのですが、ネットをあまりやらないものでして‥他にも似たようなものがありますが、サービスとしてはどうなんでしょう。最近社長も変わって‥云々」
「普通ですよ、楽しく使わせてもらっています」
老婦人は訝ることもなく淡々と答えていた。

自分がその会社の商品やサービスを使わないけど、株主だという個人投資家は山ほどいる。でも見知らぬ人に利用者としてのユーザビリティをヒアリングするとはなかなかである。経験上エンドユーザーの評判が最終的に株価にはねると考えてるのかもしれない。
その会社のサービスや商品に興味を持ち、自分で納得できる情報を得て、売買を判断する。本来あるべき株主の行動の一端を見た気がする。
ITやゲーム、SNS系の企業は説明会とあわせて株主と利用者を懇談させるフェアとか開いたら、サービスの実際の評判が株主にわかってよいかもと思った。赤裸々に分かると困る会社も多そうだけど。