読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味がない。

雑談。

電車で赤ちゃんが泣くときの気持ち

自分の子ではなく、赤の他人の赤ちゃんの話である。やや混んでいる電車で赤ちゃんが泣く。
オギャー。

自分に子供が生まれる前は、大変だな赤ちゃん。混んでるところに乗せられて。と赤ちゃんを憂う気持ちが多めだった。
おぎゃあ。おぎゃあ。

ところが自分の子供ができて、親となると、親の気持ちが気になって仕方ない。混んだ電車に乗らなくてはいけない事情、理由もあるのだろう。願わくば、車内のなんとも言えないプレッシャーを少しでも和らげてあげたいが、何もできない。無力感に自分が少し凹まされる。
おぎゃあぎゃあ。

電車の中にはそうやって、気にかけている(けど特に何もできない)人がいると思えれば、少しは彼らの気持ちが軽くなるだろうか。